コンプライアンス

基本方針

当社では、コンプライアンスを経営上の最重要課題の一つと位置づけており、適切なコンプライアンス態勢を構築し、高い倫理観に基づいたコンプライアンス経営を実践することを基本的な方針としております。

法令順守・企業倫理

高い企業倫理観に基づいたコンプライアンス経営を実践するため、「企業倫理行動規範」を制定し、同規範に基づき、贈収賄や不正経理を含む腐敗防止、人権、労働、環境をはじめとするコンプライアンス研修を毎年全従業員に実施しています。

企業倫理行動規範

コンプライアンス強化の取り組み

当社では、全役員・従業員がコンプライアンス強化に取り組んでおり、コンプライアンスに関する研修や講習会を定期的に実施しています。

コンプライアンス研修

研修方法 集合研修・シミズグループ集合研修 等
研修頻度 コンプライアンス全般の集合を毎年実施
(シミズグループ集合研修を含め年2~3回以上)
研修内容 公正な入札の実施(独占禁止法順守ほか)、贈収賄や不正経理を含む腐敗防止、人権、労働、環境、情報セキュリティ 等
受講率 コンプライアンス全般の集合研修 全役員・従業員100%

内部通報制度

当社では、違法行為・不正の発生・反倫理行為または、その恐れのある行為を未然に防ぐとともに必要な改善を図る目的として、内部通報窓口を設置しています。
内部通報窓口は、社内・社外の両方に設置しており、匿名での通報も受け付けています。
通報を行いやすくする環境を整え、制度が適切に機能するよう努めています。
また、制度の体制・運用について定めた「内部通報規定」において、内部通報者への不利益な取り扱いを禁止するとともに、不利益な取り扱いをしたものについては、罰則を設けています。
通報受付後は、コンプライアンス担当役員の管理のもと、通報情報を厳重に管理の上、調査・是正対応等を行っています。